公開日: |最終更新日時:

「安心して長く住める家」を建てられる 柏崎でおすすめの注文住宅会社
第一建築業
第一建築業のHP
引用元HP:第一建築業
https://www.dai1kenchikugyou.com/
店舗併用住宅など
特殊な要望にも対応
片山工務店
片山工務店のHP
引用元HP:片山工務店
https://www.katayama-koumuten.jp/
子供中心の家づくり・
女性目線の間取りを提案
バンホーム
バンホームのHP
引用元HP:バンホーム
https://banhome.jp/
ストーリーを大切に
大人のこだわりを実現
※柏崎を施工エリアとしている住宅会社23社の中で、「耐震等級3」「長期優良住宅」「ZEH」に対応した地元工務店を厳選しています
※国の定める耐震性は「耐震等級3」が最高等級です(2021年5月現在)

注文住宅におけるセミオーダーとフルオーダーの違いとは

注文住宅には、大きく分類してセミオーダーとフルオーダーの2種類があります。両者の違いはどこにあるのでしょうか。ここでは、それぞれの特徴やメリット、デメリットについて解説していきます。

フルオーダーの注文住宅

フルオーダー住宅は、建物の仕様や設備などすべて自分の裁量で決める注文方法です。。住宅に使う木材や床材、断熱材、天井や壁、窓の種類、住宅設備のメーカー等々、家を建てる際に使用する健在のほぼ全てを自分で自由に選択します。

フルオーダーのメリット

フルオーダー住宅の最大のメリットは、自分で自由に家づくりができるため満足度の高い家を手に入れることができる点です。フルオーダー住宅は間取りや材料、外観や仕様などすべての点において自由に決められるので、家づくりにこだわりがある方や一般的でない特徴的な家に住みたい方はフルオーダー住宅を選択すると良いでしょう。

フルオーダーのデメリット

フルオーダー住宅の一番のデメリットは、セミオーダー住宅に比べてお金がかかる点です。設計や使用する建材など1つ1つこだわり注文するので、必然的に予算が高くなっていきます。また、セミオーダー住宅に比べて完成まで時間がかかる点もフルオーダー住宅のデメリットと言えます。

セミオーダーの注文住宅

セミオーダーの注文住宅は、すでにある住宅の基本的な仕様や間取りを選択し、一部について自分たちにあうように依頼主が決めていく注文スタイルです。具体的には、木材や断熱材といった住宅の構造部分や住宅設備メーカーは住宅会社側が用意して、それ以外の箇所を依頼主自らが決定します。

セミオーダーのメリット

セミオーダー住宅のメリットは、すでに最初から住宅の基本的な仕様が決まっているので、完成までの時間がフルオーダーほどかからない点です。予算に応じてコストも抑えることができる点もセミオーダー住宅のメリットと言えるでしょう。

セミオーダーのデメリット

セミオーダー住宅のデメリットは、フルオーダー住宅に比べて選択肢が限られている点です。材質や設計に自分なりのこだわりを反映したい場合は、選択できる業者の数が限られてきます。要望が多い場合、最終的にフルオーダーと同じ程度の金額になる可能性もあるので注意が必要です。

まとめ

今回は住宅を購入する際に抑えておくべき、フルオーダーとセミオーダーのそれぞれの特徴や違い、メリットやデメリットについて解説しました。

住宅購入は一生に一度あるかないかの大きな買い物です。後悔することのないように、両者をしっかりと見比べた上で判断するように心がけましょう。

快適なわが家を叶える柏崎市の住宅会社3選

片山工務店

シンフォニーハウス

子供中心の家づくり・
女性目線の間取りを

第一建築業

第一建築業の家

店舗併用住宅など
特殊な要望にも対応

バンホーム

バンホームの家

ストーリーを大切に
大人のこだわりを実現

関連ページ