ZEH

こちらでは、近年の新築住宅において注目を集めるZEHについて、その種類や必要な性能、メリットなどについての情報をご紹介していきたいと思います。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、簡単に言えば断熱性に優れ、かつ再生可能エネルギーを導入することで光熱費削減を促進させるための家になります。より詳しく見ていきましょう。

ZEHの種類

前述の通り、ZEHとは断熱、省エネ、創エネを組み合わせ光熱費削減を推進する住宅ですが、一戸建て住宅の場合、大きく分けて以下の種類があります。

●ZEH
・「断熱」+「省エネ」による省エネルギー率が20%以上
・「創エネ」(再生可能エネルギー)を含む省エネ率:100%以上

●Nearly ZEH(ニアリー ゼッチ)
・「断熱」+「省エネ」による省エネルギー率が20%以上
・「創エネ」(再生可能エネルギー)を含む省エネ率が75%以上
※補助金対象となるのは寒冷地、低日射地域、多雪地域に限られます。

●ZEH Oriented(ゼッチ オリエンテッド)
「断熱」+「省エネ」による省エネルギー率が20%以上
「創エネ」(再生可能エネルギー)を導入しなくても可
※補助金対象となるのは都市部狭小地の二階建て以上に限られます。

●ZEH +(ゼッチ プラス)
「断熱」+「省エネ」による省エネルギー率が25%以上
「創エネ」(再生可能エネルギー)を含む省エネ率が100%以上
さらに以下A、B、Cのうち2項目以上に適合
A:断熱性能の更なる強化
B:HEMSにより太陽光発電等の発電量を把握し、住宅内の冷暖房、給湯設備等を制御可能
C:太陽光発電など再生可能エネルギーシステムより電気自動車等に充電可能

●Nearly ZEH +(ニアリー ゼッチ プラス)
「断熱」+「省エネ」による省エネルギー率が25%以上
「創エネ」(再生可能エネルギー)を含む省エネ率が75%以上
さらに以下A、B、Cのうち2項目以上に適合
A:断熱性能の更なる強化
B:HEMSにより太陽光発電等の発電量を把握し、住宅内の冷暖房、給湯設備等を制御可能
C:太陽光発電など再生可能エネルギーシステムより電気自動車等に充電可能
※補助金対象となるのは寒冷地、低日射地域、多雪地域に限られます。

ZEHに必要な性能

前述しました通り、ZEHに求められる性能の筆頭は、断熱性能の高さになります。もちろんそれにより、夏の暑さや冬の寒さによる影響を抑制し、ひいてはエアコンや暖房器具への依存度を減少させることで、光熱費を抑制するというのが狙いです。

その上で、太陽光発電システムをはじめとする再生可能エネルギーシステムによって発生した電力を、住宅に必要な電力として有効活用できるようになっているというのも、重要なポイント。これらの働きによって、自宅で使うエネルギーが創るエネルギーと同等、あるいはそれ以下になるというのが、まさにZEHの真骨頂になります。

それらを実現するためには、HEMS(ヘムス)という、住宅内の消費エネルギーと太陽光発電等で創るエネルギーを確認できるシステムが必要。また省エネタイプのエアコンや、少ないエネルギーでお湯を沸かせる高効率な給湯システム、消費電力の少ないLED照明などの導入が望ましいと言えます。

ZEHのメリット

筆頭に挙げられるのは、前述しました通り、月々の光熱費を軽減できること。太陽光発電などの創エネで売電を行った場合は収入も得られます。また、台風や地震などの災害で停電となった場合でも、太陽光発電や蓄電池を活用することで、電気を使うことができます。

さらには高い断熱性によって、室温を一定に保ちやすくなり夏は涼しく、冬は暖かい生活がしやすくなります。とりわけ冬には、家全体の温度差を少なくする効果によって、ヒートショックのリスクも軽減できるのです。

なお、ZEHは環境省、経済産業省などから補助金を受けることができ、加えて我らが柏崎市でも補助金制度が用意されています。ただし、これらは年度ごとに予算が決まっており、定員に達すると終了となってしまいます。情報を随時チェックしておきましょう。また、登録されたZEHビルダー(ハウスメーカーや工務店など)あるいはZEHプランナー(建築事務所など)に依頼してZEHを建てないと補助金の対象外となる点にも要注意です。

快適なわが家を叶える柏崎市の住宅会社3選

片山工務店

シンフォニーハウス

子供中心の家づくり・
女性目線の間取りを

第一建築業

第一建築業の家

店舗併用住宅など
特殊な要望にも対応

バンホーム

バンホームの家

ストーリーを大切に
大人のこだわりを実現

関連ページ